不動産買取保証制度(売却しててもし売れなかったらどうするの?)

不動産買取保証制度 ホームページメニュー

不動産買取保証制度

買取保証制度とは、

不動産を買換えの際に、家康不動産が売却を一定の期限までに売却成約にいかなかった場合に買い取ることを保証する安心な制度です

売却物件を委託する側にとっては、期日までに売却が出来ていなくても買取してもらえるので買換えの計画が立てやすいです。

買い取り保証制度

買換えで、売却が成約していない状態で、先に購入したい物件が出てきて購入を先行した場合物件を売却するにあたり空室や空家の方が成約しやすい場合などは、買い替えの計画の中でいつまでにいくら以上で売れなければならないなどの計算の上、一定期間の売却で成約にいたらない場合は弊社で買取りをおこない、買換えや購入物件の計画に支障の出ないようにする制度です。

 

買取保証制度を取り入れていれば、その期間に不動産売却ができなくても弊社に買い取りをしてもらうことができます。
成約までの期間を気にしない場合はいいのですが、引越しや買換えなどで期限がある場合買取保証制度があると便利です。

 

ただし、買い取り価格は最初の査定額を下回ることがほとんどです。
確実に成約できるというメリットはありますが、希望する価格で買い取ってもらえない可能性があることを忘れてはいけません。
買い取りされた物件は、通常は弊社によってリフォームされ、再度販売されます。

中古リノベーション再販売

コメント