洗車は、「ぬのぬの」

昨日の夜、仕事が終わってから車を洗車しに行きました。

愛称「ぬのぬの」と呼んでいる洗車場ですが、夜10時まで営業しています。

洗車機 ぬのぬの

 

 

無人の洗車場ですが、綱島にあります。

 

なぜ?

なぜ綱島まで?

 

とお思いの方もいらっしゃると思います。(会社は、川崎市多摩区です。)

会社から50分ぐらいかかります。

 

その洗車場は、他とは違うのです。

 

通常の洗車機は、洗車するのがブラシで洗車します。

とりあえず綺麗になりますが、昼間、太陽の光で見ると細かいキズがたくさんついています。

 

ブラシ洗車機で洗えば洗うほど、キズ付きます。

 

しかーし、私が「ぬのぬの」と呼んでいる洗車機は、ブラシではなく ” 布 ”です。

 

たぶん、特殊な布だと思います。

 

布洗車機で洗うと、ブラシ洗車機で洗って出来たキズがドンドン無くなってきます。
洗車機 ぬのぬの本体

どうやら外国製のようですが、洗えば洗うほどキズがなくなります。

 

その上、コンパウンド(表面を薄く削る練りヤスリ)で磨いたような輝きがまします。

 

しかも、水垢も取れます。

頑固な水垢は、洗車機に掛けた後だと雑巾でこするとすぐに落ちます。

 

ただ、通常の水洗い洗車だと水垢が取れません。
洗車メニュー

このメニューにある1番または、2番だとやたら綺麗に水垢も落ちます。

 

どうやら、撥水コートが水垢を溶かして浮かせてるようです。

 

しかも、撥水コートが1ヶ月以上も汚れを弾きます。

 

私は、2ヶ月に1回程度この1番の光沢撥水コートを掛けています。

これなら、多少汚れてきても雨が振ると汚れが流れて行きます。

 

ね?

50分掛けて行く価値あるでしょ?
洗車機ぬのぬの 洗車場

この洗車機だけは、いつも感動を呼ぶ。

どこぞの手洗い洗車よりもずっと良い。

 

知り合いに教えて行ってみてもらうと、みんな感動します。

 

この洗車機を他でもさんざん探したのですが、この洗車場の近所に1件あるだけ

なのです。

オーナー一緒で1ヶ所だとあまりにも並んで渋滞するので、1ヶ所増やしたみたいです。

 

http://yahoo.jp/7iO9Qi

ここなんですよ。

綱島というより、新羽かな?

 

洗車場に名前あるけど、忘れました。

 

ぬのぬの と呼んで下さい。

 

1年使い続けると中古車が新車みたくなってきます。

 

ぜひお試しあれ!

 

 

 

カテゴリー

 

合わせて読みたい記事

 

 

 

最近の投稿