暖かくなってきた今日この頃。

桜も咲き始めました。

ん?エアコンが効いてない。ダクトから温風が・・・・

エアウェーブ

去年から車が走り出してから10分ぐらいしないとエアコンが効き始めないのは、分かっていましたが、とうとう壊れたのかな?

まーた、出費かぁーと頭を抱えました。

よし、自分で出来る所まで修理しようといつもな感じで、まず、点検。

エアコンのスイッチを入れたり、切ったりしてみたら、エアコンのコンプレッサーが通常ならカチッと音がして、エンジン回転数が上がるのに無反応。

エアコン操作パネル

これは、電源がコンプレッサーに行ってないな。と思いヒューズをチェック。

ヒューズ位置

このトレーの裏側にヒューズBOXがあるので、トレーを外してヒューズをチェック。ヒューズ切れてなーい。

次にボンネットを開けて、リレーのチェック。

エアコンリレー位置

ここにもヒューズとかリレーがあります。

このBOXの両側のツマミを押して蓋を外します。

リレーボックス

リレーが見えました。赤い丸の部分がエアコンリレーです。

リレーボックスの蓋

とりあえず、赤印のエアコンのリレーを外して、支障のない青印のホーンリレーを試しにはめてみます。

おっ!エアコン動きました。しかも、すぐに冷たい風が出て、かなり冷たい。

どうやら、去年からこのリレーが不具合だったようです。

エアコンリレー

新しいのをネットで頼む事にしました。

ホンダ純正品番:39794-S04-003でした。

本体には、MITSUBA RC-5001と書いてありました。

価格は、約2,000円でした。

これを交換すれば修理完了だと思います。

他に異常がないか、更に点検。

クーラーガスが圧縮しているかを見ます。

クーラーガス圧縮窓

この場所にクーラーガスが圧縮しているかを確認する窓があります。

クーラー圧縮点検窓

このガラス窓の中に、白いあぶくや泡がブクブクいっているのが見えたら、クーラーガスを圧縮しています。

エアコンのコンプレッサーが回っていて、この窓の中が何もなっていない場合はクーラーガスの漏れや不足が考えられます。その場合は、自分では直せないので車修理屋さん行きです。

今回は、見た感じ白いあぶくがブクブクいっているので、大丈夫と判断しました。

自分でエアコン直せちゃいましたねー

修理費用は、約2,000円+送料で、出来ました。

安くあがりました。

良かったー!!

 

 

 

 

 

カテゴリー

 

合わせて読みたい記事

 

 

 

最近の投稿