燕温泉 黄金の湯で足

通りがかりで、秘湯に入ってきた。

 

燕温泉という小さな温泉街に寄ってみた。

 

車で走行中に秘湯 燕温泉 【河原の湯】という看板を見かけたからです。

 

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

秘湯?

 

 

よし行ってみようと向かったのです。
用事で他に向かっていましたが、秘湯見たら行かずにはいられない。

 

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

サルとか鹿とかも一緒に入るのかな?

 

 

と思いつつ行ってみた。

 

【燕温泉】は、本当に小さな温泉街で旅館が5~6件ぐらいしかない。

 

 

外部リンク

 妙高市観光協会 関温泉・燕温泉
〒949-2235 新潟県妙高市大字関山燕温泉

白い濁り湯が特徴の秘湯「燕温泉」は、妙高山の登山口でもある。
温泉街から歩いて15分ほどの渓谷沿いに造られた「河原の湯」と、秋になると一面黄金色の葉が舞い落ちることから名付けられた「黄金の湯」もある。
いずれも野天風呂のため、冬期は利用できない。

 

アクセスMAP

 

 

燕温泉 黄金の湯

 

【燕温泉】に着いて、次に行かなきゃいけない所があるので駆け足で、温泉街を突っ切って、階段をダッダッダッと登って、山を上がって行くと看板が見えました。

 

てか、坂がキツイ!

 

温泉に着く前に遭難するかと思った。

 

 

家康友の会
家康友の会

運動不足です。

 

 

そうです。ご年配の方も多く歩いてます。

 

私、一人が死にそうになっていました。

 

燕温泉 黄金の湯 外観

 

着きました秘湯【黄金の湯】

 

 

家康友の会
家康友の会

ん?【河原の湯】って言ってなかった?

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

河原の湯】は、【黄金の湯】から更に急傾斜を山に入って行くらしいので、私が燕温泉に着いたのが夕方5:30なので、本当に遭難しそうなので途中の【河原の湯】にしました。

 

下の売店のおじいさんの話だと【河原の湯】混浴だよ。

 

お湯ぬるいよ。

 

 

売店のおじいさん
売店のおじいさん

あんた男気があるから【黄金の湯】だな!

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

なぜ、分かる

 

 

というやりとりもあったのです。

 

 

燕温泉 黄金の湯 看板

 

どうやら料金は無料だがお賽銭箱みたな箱に好きな金額を入れるらしい。

 

燕温泉 黄金の湯 着替え場

 

ここで着替えます。ん?着替えるんじゃなくて、脱ぎます。

 

扉なんかねーぜ!

 

燕温泉 黄金の湯 敷地

 

入口から更衣室までは、こんな感じ

 

燕温泉 黄金の湯 更衣室の後ろの景色

 

更衣室の後ろの景色です。

 

モロに山の中。

 

でゆーか山の頂上に近いかも?

 

燕温泉 黄金の湯

 

秘湯だ!

 

燕温泉 黄金の湯

 

この乳白色な温泉。

 

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

これだよ。これ!

 

 

燕温泉 黄金の湯

 

なんかみたい。

 

燕温泉 黄金の湯

 

夕方なので薄っすら暗かったけど、写真で見ると綺麗

 

燕温泉 黄金の湯

 

ちなみに右側の岩で男湯と女湯を分けているので、岩以外は自由に行き来が出来る感じです。

 

他に来ている人に聞くとご年配のご夫婦が他に誰も居ない時は、一緒に入ったりしてるそうです。

 

燕温泉 黄金の湯 乳白色

 

これがお湯の色です。

 

乳白色でお湯の中に暖かい牛乳の上に出来る膜みたいなのが、たくさんあります。

 

燕温泉 黄金の湯

 

熊さんが入ってきそう。

 

燕温泉 黄金の湯

 

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

いい湯だっな♬

 

でも、ぬるいかも・・・・

 

 

 

■燕温泉 【黄金の湯】
 

住所〒949-2000  新潟県妙高市大字関山燕温泉内

 

TEL: 0255-86-3911(妙高市観光協会)

 

入浴料:無料

 

営業時間:日の出から日没まで(月曜日と金曜日の午前中は清掃時間)

 

入浴時期:5月中旬~11月中旬(雪解け・降雪により左右されます)

 

定休日:冬期(11月~5月)

 

駐車場:あり(徒歩5分)(実際は10分)

 

露天風呂(女1、男1)

 

 

 

熱血先生
熱血先生 いのさん

新潟行ったら、寄ってみんしゃい

 

 

 

■黄金の湯 泉質
 

泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉

 

ph:6.3 (中性)

 

効能:神経痛、皮膚病、糖尿病、高血圧症、婦人病、火傷など

 

 

 

【燕温泉】森林セラピーロードに指定された“妙高高原自然歩道”の一方の出発点。

 

トレッキング後の入浴も楽しめる。

 

 

 

 

カテゴリー

 

合わせて読みたい記事

 

 

 

最近の投稿